Cute as a Bunny Kerry&Marisa

 
2004年に購入しました。
イースターを祝って(?)兎に扮したケリーとお友達のマリサちゃんです。

私は通常、なるべくケリーに手をださないことにしています。
可愛らしさが、箱から出せないタイプだから…それはすなはち、
私にとって、着せ替えできない(><)ことを意味するからです…!

私は、人形は出して遊びたいのです。
箱から絶対出せない綺麗なお人形は、いつもため息をついて諦めます。
ケリーの愛らしさは、箱ごと壁に飾るべきもの、と私はいつも思うのです。
が、これは魔がさしました…。

 
箱のこの愛らしさがもうすでに反則だし、と思います。
が!これは比較的開封しやすいのでは?という予感がしたのです。

 
箱の裏面です。そう、お人形界っていつもなんでも3人組。
でも私が見かけた時はたまたま二人しかいなかったのです。

 
予感的中!やはり開封しやすい箱でした。
これはマテル製品にしては画期的なことです。


天真爛漫、オープンマウスが愛らしいケリー


あえて上目遣いにペイントされているマリサ

 
この衣装…可愛すぎる。
せめて、せめて水玉柄でなければ、私の理性も持ちこたえたのに。
この愛くるしい水玉兎ぶりが、私自身のタブーを踏み越えさせたのです。
人参は輪ゴムで手にとまっているだけです。
もちろんはずせますのでご安心を。

 
しっぽもちゃんとついてますよ〜、大きめなのが。
ちなみに、耳の裏地がギンガムチェックなのがまた憎い。


と、いうわけでHappy Easter!♪♪

なんでも絵になる二人には小物をあしらっても可愛い。

50円で買ったベビーカーが生き生きして見えます。


「見て!」
「ついに卵を発見したわ!」
「やった〜♪」


「困ります、それを返してくださいな!」
「え!?」
「私の大切な赤ちゃんよ」
「きゃ〜、アヒルのお母さん、ごめんなさい!」


と、言ってる間にピキパキピキ…っと卵が割れて、
赤ちゃん誕生!
「ママ〜」
「まあ、可愛いアヒルの子♪」


わあ、赤ちゃんまで生まれてよかったよかった、本当にハッピーイースター♪
きっと二人でだっこして暖めたのがよかったのね、勘違いとはいえ…。

と、いう感じで活躍したアヒルの親子セット、こうなっています。
これは娘がまだ赤ちゃんの頃に頂いたケリーの牧場セットの一つなんです。
当時まだ人形趣味のなかった私ですが、それでもこのアヒルだけはバラバラにしたくなくて、
こっそりかくして守っておいたのです。
小さい卵やアヒルの赤ちゃんを、娘が口に入れても困りますしね(^_^;)
アヒルのお母さん、普段はこんな感じで卵をあっためています。


卵はないけれど、兎同士でお祝いしましょう。


ピンクのうさぎは密かにもう人参を食ってますが………。


あらためて、Happy Easter!!

(2005.3.27)